ホーム > コラム > 高齢者に安楽をもたらす仕事

高齢者に安楽をもたらす仕事

 介護の仕事と言うのは、その殆どが高齢者を相手としているのが特徴の職種です。年齢の範疇は大凡65歳以上の男女問わずのお年寄りと言う事になります。
 但し、その年齢の範疇の中で、誰でも介護する対象となると言う訳でもなく、必ず都道府県から認可された人のみが対象となります。つまり認可された人が介護されると言うレベルに区分されると言う事になります。介護される区分は要支援と言う比較的介護度が軽い方で、自分でも歩けるし会話も出来るが、一人で生活が出来ないと言うレベルの人を介護職員が日々ケアすると言う程度です。
 要支援には低い1の程度と3の程度まであります。ただこの程度の介護度の場合は、特に朝から夕方までの生活に対してケアすると言う介護施設があります。


 介護する施設は現在ではかなり幅広く、様々な施設があります。
 その施設の中で職員として勤務しているのが介護職の職員です。朝から晩までの介護の勤務の場合がディサービスと言う職種です。介護度が比較的低い高齢者を優先的に受け入れて支援すると言う施設です。
 その他にはしっかりと施設で高齢者を預かって日々の生活の安楽を提供すると言う施設があります。これを特別養護施設と言われる施設で、俗に言う老人ホームと言う事になります。その多くが介護度が1から6までの程度の人です。
 一番程度が重い人が所謂寝たきり状態の人です。会話も出来なければ、中には目も開かないと言う場合の人もいます。年齢としては80歳から90歳、その他にも100歳と言う高齢者です。その人たちを日々介護すると言うのが仕事です。


 介護の仕事の特徴は、当然の事ながら、高齢者となれば、誰にでも起きうるであろう身体の衰え、そして家族では介護出来得ないと言う方々を施設で受け入れて、職員が総出で面倒を見ると言うのが仕事です。
 その仕事の特徴としては、利用者と言われる高齢者の方々の着替えからシーツ交換、食事介助と入浴介助、そして高齢者とのレクレーションです。その他にも高齢者の排泄介助と言う仕事もあります。
 もちろん、その他にも様々に高齢者に対しての日々のサービスを提供すると言う仕事があります。それら一切のサービスを高齢者に提供するのが介護の仕事と言う事になります。
 また、朝から晩までの勤務と、一日中と言う勤務もあります。つまりは24時間体制で高齢者のケアを当たると言うのが仕事です。その仕事事に、様々な技術や知識が必要となる職種でもありますから、出来うる限りは介護の資格を取得した人が専門に勤務が出来ると言う事になる訳です。

次の記事へ