ホーム > コラム > 高齢化社会での介護職のやりがいや求人の多さ

高齢化社会での介護職のやりがいや求人の多さ

 高齢化社会では福祉関係の仕事は非常に重要でやりがいがある仕事になります。介護職の求人が全国的に非常に多いということから見ても、その事はよくわかります。
 核家族社会ということですが、誰もが高齢化して介護が必要になります。本来は家族が支え合って、高齢者の面倒を見ながら世話をするというのが適正な姿です。
 しかし、日本の社会の発展過程では、高齢化社会になるという予想ができず、経済の繁栄だけを求めてきたということがあります。そのツケがこれから支払われることになるので、福祉関係の仕事は尽きることがないということになります。
 求人募集も当然増えていきますが、職場の数が多い場合には、色々な職場が生まれてきます。仕事のやりがいだけを押し付けて、働くための条件が非常に悪い職場もあります。そうなると不平不満でスタッフも仕事をするので、そのツケが入居者やサービスを受ける高齢者にまわってくることになります。


 理想的な状況としては、介護サービスを受ける人たちが十分満足し、介護をするスタッフも待遇がよく、自分の生活もゆとりができて、万全の体制で仕事ができるということですが、転職の場合には、その状況にできるだけ近い転職先を見つけるということがポイントになります。
 その場合に必要なのが正しい情報です。
 物理的にすべての職場を自分の目で見て歩きながら転職先を探すということは不可能です。調べて知ることができる条件から判断して探すことになりますが、その場合に重要になってくるのが、福祉関係の情報が豊富な転職情報支援サイトの活用です。情報とは旬が重要です。新鮮な情報でないと活用することが難しくなります。
 良くも悪くも変化しますので、変化する前に活用する必要があります。


 それらは環境からの条件ですが、人のために尽くしたいというような内面の条件も仕事を充実させるのには重要になります。客観的な条件が良いからということで転職をしたのに、働いているうちにマンネリ化したり、自分にあった仕事や職場ではないと考えたりします。
 そうなるとやる気もそがれてしまい、失敗も増えたりします。そうならないためにも、単に職場の条件だけではなく、福祉で人のためになっているのだという自負ややりがいが重要になります。
 大げさに言えば、自分が日本の福祉を支えているのだという信念も必要になります。介護の仕事ではそれらの信念がないとやってられないという面もあるからです。仕事に地しての誇りが非常に重要な仕事であるとも言えます。